2キロまでの「ちょい乗り」がお得に

東京都心部(23区と武蔵野市、三鷹市)のタクシーの初乗り運賃が2017年1月30日から、「約1キロ410円」となります。現行の「2キロ730円」から大きく変わり、短距離の利用は値下げ、長距離は値上げとなります。

今回の運賃変更は、初乗り(1・052キロ)運賃を380円から410円まで、10円刻みの4種類から業者が選ぶ仕組みで、ほぼ全業者が410円を選択しました。全国の都市部では最安値です。

初乗りの距離を超えると、走行237メートルごとに80円が加算され、時速10キロ以下のときは90秒ごとに80円かかります。計算上は、2キロ弱まではこれまでより安くなり、6・5キロ以上になると割高になります。2キロ弱~6・5キロまでの運賃は、今までとほぼ変わりません。

値下げが実施されるのは、戦後、現在のタクシー業界が成立して以降、初めてとなります。

どれぐらいお得になるの?

例えば、初乗りだと大体「東京駅」の八重洲口から一駅隣の「JR有楽町駅」前辺りぐらいで料金が加算されます。走行距離は約700m、徒歩だとおよそ10分かかる距離です。電車だと「東京駅」から「有楽町駅」までの運賃は140円ですが、仮にタクシーで3人で乗ると、1人あたりおよそ136円の計算になり、電車よりも4円安くなります。

長距離を乗れば乗るほど損をする

例えば、「JR東京駅」八重洲口から観光名所の東京スカイツリーまでタクシーで向かうとします。走行距離は東京駅から6.6kmで料金は3,050円になり、旧運賃だと2600~2700円で来られたのと比べ、新運賃の方が約300~400円程高くなっています。(交通状況に左右されます)新運賃では、走行距離6.5kmを超えると旧運賃より高くなるため注意が必要です。

ちなみに「東京駅」から約15kmの「ディズニーランド(千葉県浦安市)」までは、旧運賃と比べて運賃は170円高い5130円になります。「東京駅」から約30kmの横浜の人気スポットである「横浜中華街」までは、520円高い9730円になります。

変更後のメリット・デメリット

メリット

  • 今まで高いと思っていて利用をためらっていた人への需要が誘発される
  • 自宅から最寄り駅までの短い距離までの利用など「ちょい乗り」が増える
  • 高齢者が病院へ行くときや、子供連れで買い物に行くときなどにも便利

デメリット

  • 割高になるため、長距離の利用がしづらくなる
  • タクシー運転手の待ち時間が増えて、運転手の収入が減ることも
  • 長距離の利用が高くなることにより、短距離の利用者が増えると運転手の乗車拒否も増える恐れも

値下げの理由

一般的には国際的に比較して高いといわれる初乗り料金を引き下げることで、縮小傾向になっているタクシーの需要を喚起するというのが目的と言われています。しかし、シェアリング・エコノミーと自動運転技術の発達で、近い将来、タクシーが無人化・無料化することを見据えているのではないかという推測も考えられています。

これまであまりタクシーを利用してこなかった「潜在的ユーザー」にもその利便性を知ってもらうことで、いずれ訪れるタクシーを使った「データビジネス」をスタートさせた際の顧客を今から囲い込むという狙いがありそうです。

新運賃についての街の人の意見

  • 「近場の方が良く利用するので良いと思う。高齢者にとってはいいかもしれない。」(70代夫婦)
  • 「子供が急に具合が悪くなった時などに使いやすくなったと思う。今まであまり使っていなかったけど、これからは使うようになるかもしれない。」(6ヶ月の子の母親)
  • 「遠い所はやめようかと思いますが、終電逃してお家までとかには使いづらい」(29歳女性)
  • 「長距離になるときは電車を使うように使い分けたいなと思います」(タクシー利用者女性)
  • 「500円でもお釣りがくれば嬉しいです。買い物で荷物が増える帰り道や近くの病院に行くときも利用の頻度が増えそうです。」(81歳女性)
  • 「駅から会社まで歩くと15分ほどかかり、バスに乗ることもあります。これからはタクシーを同僚と二人以上で使えばとても安く済みそうです。」(25歳女性)
  • 「中距離以上が値上げになるのは困る」(70歳女性)
  • 「初乗り利用10回分の売り上げがこれまでより3000円ほど下がる。差を埋めるほど客が増える気がしない。」(運転歴21年タクシー運転手)

新たな客層として「高齢者」や「子育て世代」に聞いたところ、多くの人が「タクシーを利用しやすくなる」という評価をしています。また、距離によってタクシー利用を決めるという意見が多く聞かれました。

ターゲットは外国人旅行者までも

自動車の運転ができなくなった高齢者や身体の不自由な方は、買い物や通院など、近距離でもタクシーに乗る機会が若い方と比べて多くなります。ですが、タクシーはどうしても運賃が他の公共交通機関に比べて高くなる傾向があります。そんな中での、今回のタクシー料金改定は、高齢者に優しい料金改定であると言えるでしょう。

昨今、外国人観光客が増加傾向にありますが、タクシーの利用者数はそれほど多くはありません。初乗り料金が海外に比べて日本の初乗り料金が非常に高かったことが原因です。今後も増加が見込まれる訪日外国人の旅行者にとって、東京を観光する際に、タクシーの「ちょい乗り」は便利で使いやすいものになるかもしれません。

今回は東京の一部の地域のみの料金改定となっていますが、今後全国でも「近い距離でも気軽にタクシーが乗れる」ようになることが予想されます。

ただし、長距離利用の料金は値上げになってしまうため、今まで以上に「短距離はタクシー、長距離はバス、電車」とうまく使い分ける必要があります。