自動運転技術の最前線

日産セレナ

相次ぐ高齢ドライバーによる事故減少への切り札として「自動運転」の技術が期待されています。2年前の2015年10月「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム」で安倍総理は、東京オリンピックに向けて「自動運転の未来」で「2020年の東京ではきっと自動運転が走り回っています」と宣言しています。自動運転の技術は現在どこまで進んでいるのでしょうか。

自動運転技術を搭載している「日産セレナ」の「プロパイロット」を例に、自動運転システムについて見ていきます。

運転支援システム(高速道路)

ハンドルに付いているセットボタンを押すだけでその時の時速で自動運転を開始します。速度設定は時速30~100kmの間で設定可能です。

自動運転が始まるとアクセルもブレーキも踏む必要はありません。自動運転車の前方にあるカメラが車線を検知し、レーンの中央を走り続けることができます。カーブにも対応しており、ちゃんとハンドルが切れていきます。

ハンドルから5秒以上手を離すと警告が出、10秒経つと自動運転システムが切れるようになっています。現時点ではあくまでも運転支援システムであり、人がハンドル操作やアクセル・ブレーキを踏むと自動運転システムが解除されます。運転自体は非常に楽ができるようになります。

この機能は高速道路でのものであり、残念ながら現時点では一般道路では、さらに限定的な機能しか使えません(アイサイト程度)。

駐車支援システム

高齢ドライバーのミスで目立っているのがアクセルとブレーキの踏み間違いで、年間約2000件ほど発生しています。そんな中、高齢者の事故対策で最も注目されているシステムに駐車支援システムがあります。

駐車したいスペースの正面に車を移動させると、車体に搭載されている4台のカメラで周辺を撮影します。

その情報をもとに作られた真上から見ているような映像がディスプレイに映し出されます。

そして、ハンドルについているボタンで青の囲みを動かし、駐車したい位置にカーソルを合わせます。

あとはブレーキを離すか踏むかの繰り返しです。位置を正確にセットしていればぶつかりません。ハンドルの逆切りまで自動でやってくれます。駐車が非常に楽にできるようになります。

セレナには音波センサーが付いており、壁などを検出します。もし至近距離に壁があったときにブレーキと間違えてアクセルを踏んでもセンサーが働き、衝突を回避してくれます。

一般道での自動運転

こうした自動運転車の開発は急ピッチで進められています。今後期待されるさらなる自動運転の未来、それが一般道での自動運転です。

愛知県では県が中心になって、刈谷市で一般道での自動運転の実験を行っています。ハンドルから手を離してもカーブでは自動でハンドルが切られます。交差点では赤信号で自動停車、青信号になると左折も無事に成功します。

この自動運転システムの仕組みは次のようになっています。あらかじめ道路を繰り返し走行して3Dの地図を作製、車に記憶させます。車の上部につけられたレーダーが、道路周辺の状況(物体や車の距離)を読み取り、走行位置や障害物の有無を判断、その情報を基にアクセルやブレーキ、ハンドル操作を自動で行います。

秋田県では、運転席もハンドルもない「無人運転バス」の実用化に向けた実証実験を行っています。安倍総理が目指す2020年に向けて、自動運転技術の進化は着々と進んでいます。

自動走行システムの実現期待時期(内閣府)

システム 段階 自動運転の度合い 実現可能な時期(予測) 責任の所在
安全運転支援システム レベル1 加速・操舵・制動のうちひとつの操作をシステムが行う 現在 ドライバー責任
準自動走行システム レベル2 加速・操舵・制動のうち複数の操作を同時にシステムが行う 2020年まで ドライバー責任
レベル3 全てをシステムが行う
※但しシステムが要請した場合はドライバーが対応
2020年をメド システム責任
(※自動走行モード中)
完全自動走行システム レベル4 ドライバーは全く関与しない 2025年をメド システム責任

レベル3までは、まだ運転支援の段階であり、自動運転と言える段階のレベル4まではまだまだ難しいという予想です。政府の予想では、2025年に完全自動運転ができるとなっていますが、これはあくまでも希望的な予測であり、実現はもう少し先の話かもしれません。

自家用車よりも先に、タクシーやバスなどの公共交通機関、商用車や限られたエリアを移動する交通手段が先に自動運転を実現するのではないかと考えられています。

自動運転の問題点

しかし、自動運転車と手動運転車の混在問題や事故を起こした時の責任問題など解決しなければならない問題はまだまだ山積みです。

現時点では、あくまでも「運転支援システム」の段階であり、法整備を含めて完全な自動運転の仕組みができるまではまだまだ時間がかかるであろうと考えられます。