「サ高住」って何?

「サ高住」という言葉を聞いたことがあるという方も多いと思います。「サ高住」とは、「サービス付き高齢者向け住宅」の略称で、「サ付き」と呼ばれることもあります。高齢者向けの住宅を増やし、高齢者が借りやすくすることを目的とする「高齢者住まい法」に基づいて作られた制度です。

2011年10月のサービス付き高齢者向け住宅の制度開始により、制度が複雑で基準が明確でないなど問題点の多かった「高齢者円滑入居賃貸住宅」「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」はすべて、サービス付き高齢者向け住宅に一本化されました。

サ高住の特徴

  • バリアフリー
  • 安否確認サービスの提供
  • 生活相談サービスの提供

この3つのサービスが義務付けられている賃貸住宅です。有料老人ホームではなく、一般の賃貸住宅扱いとなります。また、居住者の必要に応じて、食事提供、訪問介護などを受けることができるなど居住者のニーズにあった住まい方を選択できます。地方公共団体が登録、指導・監督を行っているため、安心できるところもポイントです。一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、借りやすいところが特徴です。

「サ高住」が作られた目的

施設に入りたくても入れない待ちの人が増えていたり、将来のことを考えて早めに入居予約をしている人もいたりします。老人ホーム以外にも老人保健施設など中間的な施設が作られるものの、一度入所するとなかなか出ることができず、期間が長期化してしまうという問題もありました。こういった問題を背景に国が後押しして作られていったのが「サービス付き高齢者向け住宅」です。

介護施設・老人ホームとの違い

一般的な有料老人ホームとは契約形態に大きな違いがあります。 サービス付き高齢者向け住宅では、住宅部分については建物賃貸借契約を結ぶとともに、生活支援サービスを提供する場合は、サービス利用契約を別途締結します。 一方、有料老人ホームの多くは利用権方式を採用しています。

サ高住では利用権方式ではなく賃貸借方式で契約する施設が多いので、多額の入居金を必要とせず、「入居者の居住の権利」が確保しやすいです。有料老人ホームではなく、一般の賃貸住宅扱いであり、敷金のシステム等は一般的な賃貸住宅と同様です。

そのため、利用者の層も、主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。老人ホーム等と違って重度の介護状態では、基本的に住み続けられない施設が多いです。

メリット

  • 自らのニーズに合った住まいの選択が可能
  • 他の介護施設と比較して新規参入が多く選択肢が豊富、住み慣れた地域に住み続けやすい
  • 高齢者が契約しやすい賃貸住宅
  • 高齢者が生活しやすい設備が整備
  • 自宅同様、自由な生活を継続できるところが多い
  • 賃貸住宅同様、比較的手軽に住み替えが可能
  • 有料老人ホームと比較するとリーズナブルな価格帯の施設が多い
  • 特別養護老人ホームへの入居までのつなぎとしての利用も可能

デメリット

  • 一般的な賃貸住宅に比べ家賃が高い
  • 連帯保証人を求められる
  • 重度の介護状態では、基本的に住み続けられない
  • 介護は訪問介護サービスを利用する(介護保険制度上は在宅扱い)
  • 施設によって提供されるサービスに差がある(入居前に下調べをしておく)

費用

多くの場合、初期費用(敷金・賃料の前払い金)と月額費用が必要になります。初期費用は0~数百万円、月額利用料は10~30万円程度とかなり差があります。月額利用料には家賃、管理費、生活支援サービス利用料等が含まれます。食費や水道光熱費、介護サービスを利用する場合は別途料金がかかります。 大都市圏の方が価格が高めに設定されています。

入居条件

60歳以上の高齢者(健常者の方から)または要介護者・要支援者が基本条件となっています。その他の条件については「身の回りの管理ができる」「感染症にかかっていない」「認知症患者ではない」など施設によってさまざまです。重篤な持病や感染症患者を受け入れている施設もあります。

入所手続

サービス付き高齢者向け住宅への入居の申し込みは、各施設に行います。

入居申込書・本人確認書類・連帯保証人の本人確認書類・収入・資産などの証明書類の提出、訪問あるいは来訪による面談による健康状態や懸案点などの確認を経て、施設スタッフなどが、「自立度」「介護の必要性」「資産や収入額」などから、総合的に判断して、入居を審査します。

基本的に、一般的な不動産契約同様、連帯保証人が求められます。

入所難易度

サービス付き高齢者向け住宅は現在非常に増えていることもあり、地域にもよりますが、空き物件は比較的簡単に見つけられます。ただし、低価格帯の物件は人気があるので、条件が合う物件を見つけた際には早めに申し込んだほうがよいでしょう。

サ高住選びのポイント

  • 医療行為を行える施設かどうか
    (行えない施設であると、入居中に状態が変わって医療措置が必要になった場合には退去を命じられてしまうこともあります。)
  • 一日複数回の訪問介護があるかどうか
  • 定期訪問による訪問看護があるか
  • 緊急時の訪問介護や訪問看護があるか
  • 24時間365日対応可能な連絡窓口があるかどうか

これらのポイントは、最期まで「サ高住」で過ごすという前提では、非常に重要になります。介護福祉士やヘルパーといった専門スタッフ等、医療や介護のプロが夜間も常駐しているところを選ぶようにしましょう。サ高住の中に事業所が設けられていれば実質、特養や介護付き有料老人ホームとサービスの内容は変わらないでしょう。

訪問介護なら買い物も通院もサポートしてもらえる

サ高住では、訪問介護事業所を併設しているところが非常にたくさんあります。病院への車での送迎、付き添い、通院先での受診の手続き、薬の受け取り、買い物等も行ってもらえるため、運転免許証を返納した後の生活も安心です。