移動スーパーとは?

免許を返納すると、地域によっては生活の足がなくなることに直結してしまいます。そんな免許返納者の生活を支える取り組みに力を入れているのが「移動スーパー」、「移動販売」です。

食料品や日用品を軽トラックに積み込み、決まった日時に利用者の元を回り、スーパーへの買い物が難しい消費者のニーズに応えています。

ここ最近は、大手スーパーやコンビニも移動スーパー事業に参入し始めており、道の駅でも移動スーパーの実施が一部で始まりました。

過疎化の進む地方の集落や、路線バスの本数が少ない、撤退するなど交通手段の限られた地域に住む高齢者にとって、今や商品の貴重な入手手段となっています。

需要は過疎地だけでなく、都市部でも高まっている

高齢化や地元小売店の廃業で、都市部でも食料品などの購入に困る「買い物弱者」と呼ばれる方たちが約700万人も存在すると言われています。

「移動スーパー」は、スーパーマーケットのように歩き回る必要がないため、足腰の不自由なお年寄りにも好評です。

今後も移動販売のニーズが高まるとみられており、震災などの災害で、店舗が倒壊した際の代替機能としても活用されていくのではないかという予想です。防犯対策や地域の見守りとしての役割も期待されています。

コープ/COOP(生協)やネットスーパーとの違いは?

チラシの中から商品を選んだり、組合への会員登録も不要、ネットで注文する必要もないのが大きな違いです。また、欲しいと思ったときと実際に商品が手元に届くまでのタイムラグがありません。ミニスーパーのような品揃えで巡回し、買う人の目の前に並べてその場で商品を選ぶことができます。直接お店が近くに来てくれるため気軽に買い物が可能なところが大きなメリットです。

ネットスーパーと比較して

メリット

  • 実際に品物を手に取って買い物することができる
  • 欲しい商品がその場で買える(タイムラグがない)
  • ネットスーパーに対応していない地域にも対応していることが多い
  • 会員登録がいらない
  • 生協のように出資金がいらない
  • 地域密着で、見守り役としても機能する

デメリット

  • 天候に左右されやすい
  • 品切れに対応しづらい
  • 実店舗での買い物と比べて少し商品が割高

どんな移動スーパーがあるの?

とくし丸

徳島市内で移動販売事業を手掛けています。商品1つにつき10円の配送料をプラスして販売、週に二回お宅を回っています。一戸建ての玄関先や集合住宅の駐車スペースなど、積み荷は食料品や日用品など、季節に合わせて積み荷を変えます。

お宅の異変に気付いた際には、消防や警察などに連絡する“見守り役”も務めています。また、全国のスーパーマーケットと提携し、他の都道府県でも移動スーパーのエリアを拡大中です。

イオン

3~4トントラックを保有し、東北や山口県などのエリアで展開しています。

生協(コープ)

地域によっては、生協(コープ)の移動販売車が巡回しているところもあります。

イトーヨーカドー

「あんしんお届け便」として、北海道や長野県、東京都などの店舗に移動販売車を配置しています。3トントラックを使い、食料品のほか、日用品もそろえています。

セブンイレブン

「セブンあんしんお届け便」として全国で展開しています。

ローソン

温度管理などの機能を備えた移動販売車「ローソン号」を本格的に導入します。移動販売車は現在、東京、静岡など1都2県の4台にとどまっています。このうち川崎市の高齢者住宅の近くでは週に1回、冷凍から常温まで四つの温度帯管理が出来る販売車で、パンや果物など最大400品目を販売する計画です。

ファミリーマート

ファミリーマートでも移動販売車「ファミマ号」、「ミニファミ号」の設置を開始し、需要に応じて台数を増やしていく方針です。

全国の移動スーパーエリア別一覧まとめ

北海道・東北地方

関東地方

中部地方

近畿地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方