免許更新の流れ(高齢者)

石川県警HPより

70~74歳の免許更新

70~74歳の免許更新
※クリックで拡大

75歳以上の免許更新

75歳以上の免許更新
※クリックで拡大

  • 認知症の心配がない人は、75才未満の人同様、講習時間を短縮して簡素化
  • 認知機能低下の恐れがある人と、認知症の恐れがある人には、実車指導や個人指導を行うなど、手厚い高齢者講習を計3時間実施
  • 認知症の恐れがある人は、医師の診断書が必要になり、免許取り消しになる可能性も

一定の違反があった場合

違反免許更新
※クリックで拡大

改正道路交通法は平成29年3月12日スタート

平成29年3月12日から「改正道路交通法」が施行されます。従来の道路交通法と比べてどこがどう変わるのかについてみていきたいと思います。

改正でどこがどう変わるの?

大きな改正内容は、

  1. 高齢運転者対策の推進
    • 臨時認知機能検査、臨時高齢者講習が新設される。
    • 認知症のおそれがあると判断された場合には医師の診断書の提出等が必要となる。
    • 更新時の高齢者講習が認知機能検査結果から区分される。
  2. 準中型免許の新設

の2つです。

ここでは、運転免許証の自主返納に関わる「高齢運転者対策の推進」について注目してみたいと思います。75歳以上の高齢者の運転に関する内容が大幅に変更されました。

「改正道路交通法」で現行の道路交通法からの変更点

「改正道路交通法」では、「リスクの高い運転者への対策」として高齢運転者対策の推進を図りました。では、現行の道路交通法と改正道路交通法とではどこが違うのか表にまとめてみました。

改正後 改正前
臨時認知機能検査 一定の違反行為があれば、3年を待たずに受ける 3年に1度の免許証の更新のときだけ受ける
臨時高齢者講習(新設) 臨時認知機能検査を受け、認知機能の低下が運転に影響するおそれがあると判断された高齢者が受ける
(個別指導と実車指導)
なし
臨時適性検査(医師の診断)制度 認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された方は、違反の有無を問わず医師の診断を受ける 基準行為として定められた違反行為をしていた者について、臨時適性検査を実施
高齢者講習 内容の変更、75歳未満の方や、認知機能検査で認知機能の低下のおそれがないと判定された方に対しては2時間に合理化(短縮)。
その他の方に対しては、個別指導を含む3時間の講習。
3時間の講習

従来の道路交通法では、3年に一度しかなかった認知機能検査が、一定の違反行為があれば、受けなければならなくなります。その結果、これまでよりは認知症ドライバーを捕捉して免許更新をストップできる確率が上がるため、高齢者ドライバーによる交通事故の減少が期待できそうです。